読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鼻猫亭

毎日のこととかぼんやり考えたことなど

民宿に泊まる

 今年の夏は、いろんな事情が重なって、なかなか家族で旅行に行ったりできなかった。

 一番の原因は、息子の夏期講習とやらで、毎日毎日、せっせと塾に通ってたりしていて、そんなに勉強してるとアホになるんじゃないかなーと心配したほどだ。これはどこでもいいから1泊でも2泊でもいいからどこかに行かねば本格的にアホになってしまう、と思って探し始めたのが、息子の夏期講習の休業期間であるお盆の1週間前でした。こういうときの僕は、徹底して行動が遅いのだ。

 

 率直に言って、日本のお盆舐めてたとしか言いようがない状況で、安くて良さげな宿は軒並み予約で埋まっていて、もうどうしようかと思って手当たり次第あたってたら、房総半島の最南端のあたりにある民宿の予約が取れた。しかも一泊一人5千円台である。すごい!安い!&心配!!

 

 僕自身は、小さいころ釣好きの親に連れられてよく釣り宿に泊まったので、だいたいの感じは想像がつくんだけど、子供らの反応が心配。たぶん今まで、ロビーのあるような宿しか泊まったことがないはず。

 いちおう、宿検索サイトには「家族で泊まりましたが感じが良くて良かったです。」という書き込みがあったので、それなりにまともな宿だと判断したんだけど、きっとボロボロなんだろうなーと思いながら車を走らせて数時間。着いてみたら、畳は擦り切れてるしふすまは破れてるし、案の定だったんだけど、なんとか想定内に踏みとどまった感。

 なんせ、冷蔵庫はないけどテレビが付いてる。しかもちゃんと地デジが入る。さらにエアコンも付いて…付いて……

 おや…?エアコンのコントロールパネルの代わりに何やら大きな箱が……。

 そして、硬貨の投入口らしき穴が…。「100円コインをお入れ下さい」…だと…。

 

 

 f:id:hananekotei:20140810183644j:plain

 タイムトロンだ!!!

 

 20年ぶりくらいに見たよ。よく旅館のテレビについてたよこれ。懐かしいな。

 

 というわけで、エアコンを動かすのに近所のスーパーで小物を買ったりして小銭を用意するのが手間でしたが、ご主人はいい人だったし、風呂もそこそこ広くて気持ちよかったし、料理も美味しかったし、とても良かったです。

 

 そしてなぜか子供らに大変ウケが良かった。

 

 2人して気の抜けきった声で、

 「はぁ~。狭くて落ち着くわぁ~。畳の部屋いいわぁ~。ダラダラ出来るわぁ~。」

 とか抜かしてた。

 

 まったくあなた方ときたら……。